img

先輩看護師の声

          6F病棟
小児科と地域包括病床の混合病棟である6F病棟に勤務し、現在小児科チームに所属しています。小児科では呼吸器感染症の患者さんを主に、その他の疾患や、オペやショートステイ利用など様々なケースの患者さんと接しています。子ども達と、そのご家族を支援しながら、子ども達が元気になれるように関わらせて頂くことがとても嬉しいです。地域包括病床では在宅での療養へ向けた支援を退院支援を含めて他職種と一緒に行っています。看護師として多くの学びができる場所であり、多くの仲間と共同して働くことができています。これからも研鑽を積んでいきたいと思います。
img

3F病棟
「わたしが働いている3階病棟では、主に外科・整形外科・婦人科の手術を受ける患者さんが入院しています。手術という医療行為は患者さんの身体と心に大きな影響を与えるため、少しでも不安や苦痛なく入院生活を過ごせるような看護介入を目指して日々働いています。24床という規模の小さな病棟ですが、だからこそ患者さん1人1人と接する時間も多く、スタッフ同士で互いに意見を交わし合いながら患者さんに寄り添える看護を模索していく過程はとてもやりがいがあると感じています。また、希望すれば学会や研修への参加といったステップアップに向けた支援もあり、わたし自身も先輩方からフォローを受けながら入職3年目で行った学会発表は看護という仕事に向き合う上でとても大きな学びとなりました。勉強しなければならないことは数多くありますが、看護は1人で行うものではなくチームで行っていくものです。病院スタッフみんなの助けを受けながら、自分も誰かを助けるために成長できる病院だと思いますのでぜひ一度見学にいらっしゃってください。
img


5F病棟
5階病棟に配属され4年目になります。看護師になってからは1日1日がとても速く過ぎ、あっという間に4年目を迎えました。5階病棟では、様々な疾患を持つ患者様に関わることが多く、毎日たくさんの学びをさせて頂いています。看護師という職業は24時間患者様のそばにいることが出来るため、患者様の異変や症状をいち早くキャッチし、患者様に必要な看護の提供が出来るように日々努ています。
忙しい中でキャパオーバーになりそうな時もありますが、優しく頼りがいのあるスタッフに囲まれながら楽しく働くことが出来ています。今後も患者様により良い看護の提供ができるよう努力していきたいです。

img
     

         産科病棟
私の所属する産科病棟は、切迫早産などの治療を必要とする妊婦さん、産後の褥婦さんの入院する病棟です。産前から入院していた妊婦さんが無事にお産を終え、授乳へ通う姿や赤ちゃんと一緒に退院していく姿を見ると、ここまで看護師として関わることができて良かったと思うことができます。また、毎日多くのお産がある為、病棟の業務は忙しいことも多くありますが、スタッフ同士助け合いながら、忙しくも楽しく働いています。これからもお母様と赤ちゃんの為により良い看護を提供することが出来る様、努めていきたいと思います。
img


▲ページTOP

(c)TOKYO ADVENTIST HOSPITAL.
All rights Reserved.