img

看護学生奨学金制度

医療法人財団 アドベンチスト会
看護学部学生奨学金規程

(目 的)
第 1条 この奨学金は医療法人財団 アドベンチスト会 東京衛生病院(以下「当病院」という)の看護師養成を目的とし、当院の認める大学、又は短期大学、専門学校で学ぶ看護学部学生に貸与される。
(奨学金の種類)
第 2条 奨学金の種類は次の通りとする。
   
種  類    貸与額(年間限度額)    返還・免除

(1)看護学部奨学金 50万円    
就業義務年限1年に付き1年


(出願資格)
第 3条 卒業後直ちに当病院において、看護業務に就業することを誓約する者
(選 考)
第 4条 書類選考及び個人面接後、当該法人経営委員会で選定する。
(申請書類)
第 5条 申請書類は下記の通りとし、本人が直接当病院に持参する。2年次以降は(1)及び(6)を持参し、病院看護部長と面談する。
  (1)申請書
  (2)履歴書
  (3)契約書
  (4)健康診断書
  (5)印鑑証明書(連帯保証人分含む)
  (6)成績証明書(2年次以降申請の場合のみ)
(申請期間)
第 6条 初年度は5月末日までに申請する。次年度以降は4月末日までに申請する。
(支給年月日)
第 7条 支給は一括とし、申請後2ヶ月以内に本人申請の銀行口座に振り込むものとする。
(申請先)
第 8条 申請者は、人事課に申請する。以降この奨学金の窓口は、人事課長とする。
(受給権の喪失)
第 9条 受給者が次の各項の一つに該当した場合、その受給権は喪失する。この場合、直ちに奨学金未返済額に5%の利息(単利)を加算して、返済しなければならない。
      ① 留年した場合
      ② 長期欠席した場合
      ③ 休学した場合
④ 退学した場合
⑤ 卒業後の就業見込みがなくなった場合
⑥ 受給者本人からの申し出があった場合
⑦ その他(当病院が判断した場合等)
(就業及び返還義務)
第10条 就業及び返還義務は次の通りとする。
(1)受給者は、卒業後直ちに当病院で働くものとする。
(2)看護師資格取得後、受給年数1年につき1年(12ヶ月の就業で義務を完了したものとする)の就業義務を果たした場合は、1年分の返済を免除する。
(3)就業義務を果たすことなく退職する場合は、直ちに奨学金未返済額に、5%の利息(単利)を加算して返済しなければならない。この場合、就業義務年限の計算は12ヶ月をもって1年とする。
(4)卒業後、助産師学校に進学する場合は、「奨学金返済期日延長願」を東京衛生病院看護部長経由で経営委員会に提出し、承認された場合のみ、奨学金返済開始期日を進学する学校を卒業し、就業するまで延期することができる。
(5)卒業後、看護師資格取得ができなかった場合は、直ちに看護助手として就業することを条件に、返済を1年間猶予する。この場合就業義務年数には加算しない。なお、准看護師の資格を有する場合は、1年の就業について6ヶ月の義務年限を消化したものと見なす。
(6)受給権喪失の場合は、受給額に5%の利息(単利)を加算して直ちに返済しなければならない。
(返済免除)
第11条 第7条(2)の外、次の各項に該当する場合は、返済義務を免除する。
(1)就業義務期間中に死亡した場合
(2)業務に起因する心身の障害で業務が継続できない場合。なお、業務に起因するとは、原則として労災認定を意味するものとする。
(契約書)
第12条 契約書は、本人、保護者ならびに連帯保証人連名のもとに、申請時に当病院看護部長に提出する。連帯保証人は、貸与額が100万円までは1名、それ以上は2名たてるものとし、法的にも実質的にも保証を担う者でなければならない。


附則 この規定の実施は2009年3月23日からとする。
   改訂  2013年2月1日
       2014年4月1日
       2017年7月3日

▲ページTOP

(c)TOKYO ADVENTIST HOSPITAL.
All rights Reserved.